LPガス発電機で使用するLPガスは災害時に最も強いエネルギーです

LPガス発電機

自然災害による様々な被害がテレビなどメディアを騒がすことが珍しくなくなってきた昨今、自然災害に伴う停電などへの対応が事業者に求められてきています。

内閣府などが中心に進める国土強靭化など、各省庁のロードマップを確認すると、国ではライフラインの確保には限界があるので、事業者による自助努力が必要で、それに対して補助金を出しますよっていう意図が読み取れます。

当然、その補助金の中にはLPガスも包含されています。 では何故、LPガスが国土強靭化内に包含されているのか考えると、LPガスが災害に強いエネルギーといわれるからです。

では、LPガスは何故、災害時に強いエネルギーといわれるのでしょうか。 

LPガスが災害時に強いエネルギーといわれる理由

LPガスが災害時に強いエネルギーといわれる理由の1つは、一般に「軒下在庫」といわれる分散型エネルギーという部分です。 LPガスはシリンダーといわれる容器やバルク貯槽といわれるタンクにLPガスを充てんしてあるので、老人ホームや工場など使用する場所で保管することが可能という部分です。

例えば都市ガスは導管といわれる各需要家までガスを導管を通じ送るのですが、地震などで県道や国道下の配管が破断すると供給できなくなってしまいます。

東日本大震災時にはガソリンスタンドなどに軽油やガソリンなどを買い求める列ができ、そのうち、売り物の軽油やガソリンがなくなるという事態になりました。 同様にこれらの燃料はいざという有事の際には入手困難になることが想定されます。

    バルク貯槽姿図:(株)桂精機HPより引用

このように例えばBCP対策に必要といわれる72時間の電源確保という問題は、72時間、発電機を稼働させるだけの量のLPガスを事業所内に確保することで有事の際の電源確保ができることになります。

LPガスは保管による劣化が生じない

また、自家発電機用の燃料となる重油や軽油は燃料が油なので保管しているだけでも劣化を生じます。

重油は3カ月、軽油は半年程度で劣化が始まるために長期保存には不向きな燃料です。 定期的な入れ換えを必要とします。 

いっぽう、LPガスには品質劣化リスクもないため長期保存が可能な燃料になります。

LPガスは災害時に強いうえに、復旧が早いという特徴もあります。

被災しても、ボンベやバルク貯槽から使用する発電機などまでの配管が短いため迅速に復旧できるという利点も見逃せません。

これら事由よりLPガスは災害時に強いエネルギーだと今、大きく注目を浴びているのです。

LPガス発電機設置計画の設計・施工に強いY’sコーポレーション

Y’sコーポレーションには甲種ガス主任技術者や丙種ガス主任技術者をはじめ、LPガス配管工事を施工できる液化石油ガス設備士の国家資格取得者が在籍しています。

さらに発電機の施工などのプロ、自家用発電設備専門技術者も在籍しており、発電機を検討される事業者さまの計画遂行に向けたバックアップ体制を整えております。

BCP対策やLPガス発電機に関する興味や質問があったらお気軽にお問合せ下さい。

LPガス発電機設置などBCP対策をお考えならY’sコーポレーションへお問い合わせください!

Y’sコーポレーションでは補助金申請から消防等への届け出はもちろん行っています。

LPガス供給設備の設計から発電機選定、バックアップしたい系統への電源供給するための改造工事まで、すべて任せることができるY’sコーポレーションへのお問合せはこちらから!

タイトルとURLをコピーしました